隔日おおはしゃぎ (Road of座)

Road of座(ロードオブザ)の代表大橋拓真が、ほぼ隔日でコラムを書くところ

このブログについて

●このブログって?

このブログはRoad of座代表の大橋拓真のニート生活に彩りを与えようと、同じくRoad of座の伊勢川明久の好意の提案によって始まったものである。確実に隔日で大橋がおおはしゃぎするというコンセプトで立ち上げたられたブログだが、現在は大橋が月水金を、火曜を稲葉が、日曜を北原が担当している。

 

●Road of座って?

Road of座は、2017年1月31日、札幌某所にある定食屋で、札幌にある某有名大学に通う大橋、伊勢川、稲葉の3人が「喧嘩してもいい。公演中止だけはダメだ」の声の元、たちあげた劇団。
脚本家の極めてパーソナルな問題を、世界への皮肉としょーもないギャグでごまかしつつ客に押し付ける作風を得意とする。

 

●メール 

→ road.of.za2017@gmail.com

Twitter  

→ @Road_of_za 

●ホームページ

→   https://roadofza2017.wixsite.com/roadofza

●公式LINEスタンプ「あなあきアール君」

→  https://line.me/S/sticker/1501435

f:id:roadofza:20170725163442j:image 続きを読む

♯43 Road of座カナダ支部通信

続いて目指すは遥か彼方
勇む足音右手にガラナ
降るな降るな!まだ待て冬到来
オーライ将来、来るな苦しみ金輪際
街は人気無く車道はデカい
港の方はうってかわってビルとか高い
longでpunkで目指すは無敵のドンキーコング
待ちわびるぜウェストミンスター
鐘がゴング、マスターオブシュー
ムッシューあら待て滑るぜ雪道そのメッシュ
行け急いでけい肉体関係あーもう時間
駆けっこ、そしてこの道しかないその言葉しか知らねい
しがねえ一人の詩人にゃひと言
「ロードまたはドーロに於けるコリタスの効用」
やつが消えたのは北米の闇
喋れて光栄の極み
故郷で旧知の濡らす香炉
ヤク中問うた「お前何中」
インザ危険なイーストクロスロード
スローなビートで顰蹙買って
キヨスクはリーチで目の前で閉まった
バンクーバー、ほんとにほんとにわたしゃ知らんフューチャー
異なるカルチャーそれでもそれでもアイラブユーを伝える相手はただただあなた
此方と彼方
そなたとかなた
アナタとカナダ
ちなみにホストマザーのname is Aida
彼方のカナダとあなたの華奢な
心にコミット終わらぬリリック
尽きたぜギミックまいっちんぐ

次回は真面目
理解は易しめ
時差ボケ症状案外悪め
だから勘弁see you後免

♯42サボリ魔ダイジェストの一週間

他案
・ダイジェスト魔一週間のサボリ
・一週間のサボリダイジェスト魔
・魔のダイジェストサボリ一週間



①魔の金曜日『サボリ、卒業などをする』

セブはとってもよいところじゃった。みなさん優しいし女はホット。止まらぬ問わず語り。ポリシー。セクシー。また美学。ラム。唾。ウィスキー。唾。トイレ。便座のない便器。消化物と再会のち日本と再会。「真の極寒は赤道にあり」とは私の至言。屋内は寒いから気をつけるべし。理解できぬものを理解できぬものでの説明。以上より、文法書は必須である。卒業証書はブルーノ・マーズと共に。「夜道は歩くな」「歩くな歩くな」差別すんな。「You're famous」「Do you want to hear my 」「See you never」

悲しみの、See you never!!!!



②ダイジェストの月曜日『髪を切る』

ゲイっぽくなる。「I'm gay haha」ワックスをつけてくれるのはよいが再現できない感じにしないでほしい。



③ 一週間の火曜日『歯科に行く』

えー、この度めでたく!虫歯がですね、みt…虫歯をですね。えー、むっshムッシュ。えー、禁句ぅ~。虫歯菌をですね。が発見されたということでですね。輸出。奥歯と共に輸出。カナダに輸出。さらば日本の虫歯。



④その他事項

ベンジャミン・バトン 数奇な人生』観賞。フォレストガンプの二番煎じとの感想。獲得と喪失。永遠とは何かの味わいを感じたが、一方でベンジャミン・バトンの境遇でなくてもそれは当てはまることであるので、あえて彼の人生を数奇だとは思いづらい。所々に聞こえるスコット・ジョプリンがうれしい。
『愛さえあれば』観賞。たびたび並々ならぬ因縁を感じる一作を半年越しについに視聴。語られない部分に不可解が残るものの、イタリアの風光明媚と一つ一つのシーンの美しさは素晴らしい。主役の女優が物語と共に魅力を増していくというのも不思議な映画体験。
ランボー 最後の戦場』観賞。ほぼ四回目。ひたすらにかっこいいスタローンをただアドレナリンを持て余しながら見るアクションムービー。傭兵の一人がファッキンファッキン言ってる癖に仲間割れの時に頼れるリーダーシップを取っているところがかっこいい。ミャンマーを悪く書きすぎ。
『it それが見えたら終わり。』観賞。それが見えてる人も特に終わってなかったところが印象的。初の海外映画館。飛び交う予測の声。怖いシーンで出てくるか出てこないかのところで「シット…」って聞こえてきたの笑えた。
『電氣ホテル』読了。だれもしらないなぞのげきだんの頭脳を探るべく。シュールな展開にシュールな文体。体言止めの圧倒的魅力、それすなわち天才的リズム。『優雅で感傷的な日本野球』と『電氣ホテル』は停電クラブを語るには必読の書であるとの理解。

♯41 暇エクストリームここに至れり

少年期の僕はつくづく暇を極めていた。少年期の僕のライフワークは、絵を描くことだったのである。しかし思うに僕は絵が上手ではない。余談だがその事を知ったのは小学校低学年であった。僕が描いた渾身の蛸を家族の誰一人蛸だと気づかなかったのである。あの日。そうあの日、僕は気付いた。そしてそれから今に至るまで僕は気付き続けている。

閑話休題。つまり僕が言いたいことは、全く上手でもないことを知りつつも。生産性も将来性もないことを知りつつも。まっさらな自由帳を文房具屋で見るたびワクワクしたり、鉛筆をむやみやたらに削りまくったりして絵を描いていた僕はどこまでも暇だったのであろうということである。そんなことを今日突如思い出したので、その片鱗をここに記す。

さて、僕が好んで描いたもの。それはへのへのもへじである。僕は昔からへのへのもへじに心を奪われてきた。なんといってもその過不足の無い合理性に見せかけた遊び心の多さに心惹かれる。そして、そのチャーミングさ。語感の良さ。何を考えているのかが全く読み取れない神秘さ。なんと均整のとれたイラストであろうか。最初こそ「も」の2画目と3画目の必要性を吟味したり、「じ」の濁点の意味を計りかねていた僕であるが、早い話、そんなことは全くもってどうでもよかった。納得できない人は勝手に「へのへのしへし」などという合理性の生んだ化け物を描いておけばよい。

へのへのもへじの偉大さのひとつに、鉛筆の力の入れ具合、滑らせ具合で無数に異なる人相を作り出すことが出来ることである。気になる人は今すぐ教科書の余白に10個ほどへのへのもへじを書いてみてほしい。全体的に薄ければ何となく存在感の薄い感じになるし、消しても跡が残るくらいの筆圧で描くへのへのもへじはなんとなく威圧的である。また「の」の目玉の部分をやたら左に寄せて描くと性格の悪そうな感じになるし、「じ」のあごの部分を大きくするとやたらごつくなる。そして「も」を強調すると何となく手塚治虫を彷彿とさせる。まさに楽しみ方は無限大。最初に考案した先人には尊崇と感謝の念を。

参考画像【オーソドックスなへのへのもへじ



と、言いつつも当時の僕は今にも増して自信家であった。他の人に出来るなら自分に出来ない訳がないと信じていたのである。よって次に僕が取りかかったことはこれである。

へのへのもへじに取って変わる顔を発見できないだろうか』

なんという傲慢であろう。へのへのもへじとは既に何千何万という人類が綿々と受け継ぎ淘汰を受けてきた、いわば「象徴的落書きの偶像」であり、本来これを越えることは出来ないはずである。しかしそんなことは露とも介さず僕は探し求めた。日夜「目」として適切なひらがなは何か、へのへのもへじが表現できていない顔のファクターは何であるのか、それらを求めて汚い教科書を積み続けた。そしてついに、一つの傑作に出会うこととなったのである。それが『ここへじん』である。


参考画像【ここへじん】


説明させてほしい。まず、「こ」の1画目最後の粘りによって瞳を描ききるという少々の荒業にして天才のそれ。これによってここへじんは気さくな陽キャラとなり得たのである。そして次に「じ」の濁点を鼻の穴にするという、悪魔的転回。この発想により、たとえどんな目を持つイラストであっても、鼻と口は安定した型を保持することが可能となった。そして極め付きは最後。「ん」の最初の部分を用いることで抽象的に、しかし確実に髪の毛を表現しきり、かつ自由度の高い「ん」の後半で輪郭を描くことを可能とした。なんという発明であろう。当時真剣にここへじんで著作権を取ろうとしたことも頷ける傑作である。今はフリー素材となっているので、暇を持て余すヒマっぴヒマちゃん諸賢はシャーペンを分解するくらいなら、自分なりのここへじんを各自探求してみてほしい。自信を持っておすすめする一品だ。


参考画像【ささくれ】

こちらはここへじんほどの手応えはなかったものの、そのハイカラな雰囲気が私の胸を強く打ったのである。この、男とも女とも言えぬアンニュイな空気感、透明感。あえて口を表現しないことで無限の想像を掻き立てている。一目見て、思いつきで考えたと思わせつつ「さ」の1画目をまゆ毛にしていることや、一見この類いのイラストを描く際に利用価値無しと見なされる「れ」の、よく分からない部分を、よく分からないまま、しかし確実に古墳時代の日本人の髪型っぽく見せているのである。『ささくれ』名前ありきで考えたのか偶然なったのかは今となっては風の中と言うほかない。

今日突発的に思い出して描けたのはここへじんとささくれだけであったが、僕の記憶によると僕はこの調子で30人の一クラスを結成し、四コママンガ調で日常風景を描いていこうとしていた。なので他にも28種類ほど考えていたはずなのだが、思い出せない。確か、ここへじんの双子の弟で「へじん」の部分は同じというヤツが二、三人いた気がするが。闇の深い小・中学校の書類を漁ってまでは確かめない。

なんていうか、暇だったのである。

♯40 死にかけのごきぶり

閑静な我が寮の心地よさを奪ったのは暴風雨でもテロリズムでもありませんでした。あいつが出たのです。あいつが。そう、ピー子です\違います/そう、ごきぶりです。やつはベッドにほど近い壁を俊敏に動き回りました。やつのその重力をもろともせぬ身体能力は、横たわり睡眠する他ない我々人類を恐怖に陥れました。我々は想像しました。重力に抗えるやつはいずれ我々の体を這い登り、我々のくちびるから水分補給をするに違いないと。

『やるしかない。ここでやるしかない。』

韓国人のプディンはそう思った。それが私には聞こえました。耳で聞きました。そんなことはあり得ない。しかし私は聞いたのです。心で聴いたのです。あらゆる言語を超越した曖昧な事象そのもの、本質。

『これがイデアか!』

私の頬はつい綻びました。日本を飛び出し3週間。ついに我々は言語の壁さえ越えて以心伝心にその意思を確かめ合うことに成功したのです。以降このごきぶりのことはプラちゃんと呼ぶことにします。さて、プラちゃんを前に一致団結するのはアジアで最も近く、最も遠い国と言われる戦士一同。ああ。この調子で世界から戦争が消えないものか。

ごきぶりの撲滅を目指す諸国。殺虫剤開発競争にしのぎを削る欧米諸国に、批判が集まる。殺虫剤の抑止力。世界から、かの国はごきぶり殺虫剤開発を可及的速やかに中止するよう圧力がかかる。

『我々は無慈悲にごきぶりを永遠にこの地球上から消滅させる事もいとわない』

一見するに物騒な物言いに5秒間全世界は誤って憤慨。6秒目咀嚼「願ったりじゃね」7秒目団結。こうして全世界は結託しごきぶり撲滅に邁進。結果、民族紛争は終息。経済不況は「ごきぶり景気」により活況。人への怒りはごきぶりへの憎しみに変換。やがてごきぶりは絶滅。世界平和。

ごきぶりの絶滅と引き換えに世界は平和。しかし一体誰がごきぶりに敬意を払うのでしょう。人間に嫌悪される外見であるが故に歴史から退場させられる破目になるごきぶり。物言わぬ彼らは一匹一匹精いっぱい今日の生きる糧を求めて生きていただけ。

『人は外見じゃないよ』

ごきぶりは悲しそうに世を憂いて消えていくのでした。

プラちゃんも頑張りました。必死に暗闇をかさこそかさこそ。見つかったら暴行殴打の雨嵐。それでも人のあるところに生きる糧あり。生きとし生けるもの本来は冒険せねば生き続けることは出来ないのです。でもダメでした。人間の叫び声が聞こえます。

『cockroach!』

人間は団結しました。プラちゃんを殴打する武器を調達しに行く人間。プラちゃんを見失わないように見張っている人間。プラちゃんの逃げ道を塞ぐ人間。言葉を発さず、目さえ合わせないのに人間は、状況把握から自らの役割から全てを察知するのです。なんと合理的な思考回路を持つ生物なのでしょうか人間は!こうしてプラちゃんもじきに部屋に連れ出された後、残酷な殴打を受け食糧を求める蟻の芝生へ打ち捨てられました。プラちゃんが最期に聞いたのは、部屋から聞こえてくる世界平和でした。

誤解され続けるごきぶり。ごきぶりを前に勝ち得た世界平和もいずれは消えていくでしょう。ごきぶりだっていなくなるときはいなくなるのです。やがて我々はまた第二第三のごきぶりを見出だしては袋叩きにして滅ぼすでしょう。第二第三のごきぶりを滅ぼすために最善の兵器を造り上げ、また抑止力るのでしょう。ならば聞かせてほしいのです。核兵器は一体第何番目のごきぶり用?

あの世のごきぶりプラちゃんは、死にかけのごきぶりを見て少し安堵したようです。あれに巻き込まれるくらいならば、一握りの示唆を与えて絶滅してしまったことは正しかったのではないかと。犠牲は惨め。いやそんなことはありませんでした。この自己犠牲は美しい。この自己犠牲は良かった。少なくとも死にかけで苦しむよりかは。どぶねずみみたいに美しくなることを目指している人は、ぜひごきぶりになるという進路も視野にいれて考えてほしい。何より大事なこの美学。嫌悪、誤解、真実。

♯39 『ウソをつく』コツは『ウソをつかない』ことなんじゃないかって話

日常生活に欠かせないウソ。美味しくない料理。似合っていない服。見栄を張りたい心。サボりたい気持ち。あらゆる事象があなたにウソをつくべし、とささやいてくる。素直なことはそれは素晴らしい。といいつつ素直だと思ってるあいつだってきっと何百回とウソをついてここまで生きてきてる。ともかく、病的な例は除くとしても、ウソをつく能力というのは時に人生を順調にしてくれる。英語にも「white lie」って概念があるわけですし。

御託はいいとして、僕が最近思うのはこれです。

【ウソがバレるのはウソをついている人にその自覚があるから】


朝起きた。眠い。休みたい。仮病使ったれ。

『おかん、今日ちょっと風邪気味やから休むわ。コホンコホンゲホッ』

『あらあんた。昨日の夜は元気やったやん。熱測ってみい』

ピピピ

『(36度5分…)37度5分やー』

『あらあ熱あるねえ。でもあんたその割にさっきからちょっと元気ちゃう?学校行き。』


僕が思うにこの仮病を失敗した原因はひとえにただ一つ。『本当は元気だったこと』である。だから行動の一つ一つに隠しきれない元気オーラの微粒子が含まれ、それとあいまって何とも歯切れの悪い問答になってしまう。ならば話は簡単である。これを解消するにはどうすればよいのか。原因が分かれば対策は容易である。本当に風邪になってしまえばよい。言うなれば、

【ウソをついていなければウソはバレない】

なんて簡単なのだ。ウソをつくとは。本当のことを言っているのだからバレるはずがない。ていうかバレるって何がだよ。何も無いよ。ウソをついている自覚もない。本当だから。一つ一つの行動には拭いきれぬ「本当に風邪」の微粒子が含まれ、何を聞かれても想像でなく記憶で話すので目の動きとか手の動きとか、そういうつまらん心理学によっても看破されぬ。まさに完全犯罪。

ところがどっこい風邪はなりたいと思ってなれるものではない。完。ところがウソの理想形を想像し得た我々にはもう怖いものはない。ここで重要なキーワードは『誇張』である。

朝起きた。眠い。休みたい。仮病使ったれ。あ、そういや昨日の夜ゲームしすぎていまちょっと頭痛いな。あれ使ったれ。

『おかん、今日ちょっと風邪気味で頭痛いから休むわ。』

『あらあんた、昨日の夜は元気やったやん。熱測ってみい。』

ピピピ

『36度5分やー』

『あら平熱やん。学校いけるわ。行き。』

『いやでも昨日の夜からめっちゃ頭痛いねん。』

『どんな風に痛いん』

『なんかガンガンする。』

『昨日のいつからや』

『10時くらい。なんか頭痛止めあったっけ』

『おじいちゃんの部屋のクローゼットん中入ってるわ。』

『おっけー。』


この場合も、風邪をひいたいうことは自覚のあるウソにしろ、頭痛という一部分では本当である。それによって、いつから、どんなという、ウソであれば高度な想像が必要とされる瞬間でも一瞬で対応することが出来る。事実を述べるだけだから。結果その一部分の信用に引っ張られ、風邪というところさえも自然と相手に本当であることを強調できるのである。なんという戦略的勝利。なんというクズ。

【一部分でも本当であればおのずと全体のウソも疑われにくい】

誇張である。『本当はやってもいないパーティに10人来た』というより『本当は5人しか来てないパーティに10人来た』という方がバレにくい。

この巧妙さを駆使すれば、基本的にどんなウソにも真実を交えることが可能だ。

『(うわ、この人この服似合ってない。でも色はそんなに間違ってない、むしろ合っている)似合ってますね!』

『(うわ、このナポリタンしょっぱ。でもパスタのゆで具合はちょうどいいな。)めっちゃおいしい!』

『(ここでぶちギレなきゃいけないのか。そういやこないだ隣の家の音楽うるさくて寝れんくてめちゃムカついたな)くそが。しね!!!!』


悲しいかな。人が興味あるのは本当のことだけ。だから本当のことを言おう。やろう。

ウソはついてなければ、バレない。

♯38 難しき哉。いんぐりっしゅ

いや、マジで。そうなんすわ。ええ。いやそらすまんかったって。堪忍してえな。

ワシかてこんな話されへんもんやと思てなかったんやって。だって単語をそんな知らんがな。ほな試しに聞かせてもらいますけど「片側三車線」って何て言ったらいいのん?「是非お願いします」ってどういえばええのん?「ロミオとジュリエットとかはやらない演劇サークルで、ロミオとジュリエットをやるお芝居をしてその中で留年クズ風俗通いの大学生の役をやりました」って何?逆に聞くけどこれ日本語以外で表現できんのん?日本語でも意味分からん。

ほんで、もっとハキハキ喋ってーなネイティブ!こちとら音じゃ聞き分けられへんゆーて、最近くちびるの動き見るようなったわ!せやのになんでくちびるも動かさへんねん!軽く詰んでるやん。せやのに、せやのに見えへん世界から呼んでくんなよ!ほんまワシ読唇術身に付けるために来とんちゃうで勘弁してや。ごっつきついわホンマ。でもこんなワシでも完璧になった言葉があるで。何かわかるか?

「表現の仕方が分からないのでこれで終わります」
【I cannot express my feeling so that's all.】


むっちゃ使えんで。唯一の悔し紛れや。ホンマはあんねんで?ホンマはごっつ立派な意見と考えもってんねんで?でも表現できんから今回はこの辺で済ましといたるわ。っていう文章も咄嗟に言えへんからその気持ちをぜんぶ呑み込んでこの一文や。いまワシが何を思ってるか分かるか?分からんやろなあ。ギブゆーて早すぎるわ!もっと考えな。あかんか?わからんか?知らんか?知っとけや。これや知っとかんかい。っていうのはな、これから日本で留学生会ったらもっと優しくしたろって思た。あいつら絶対もっと言いたいことあるねん。誤解されないようにもっと言葉選びたいねん。俺らが面白がってること一緒になって笑いたいねん。おもろいこと言ってみんな笑かせたいねん。やけど出来へんねん。しゃーないからただ笑ってたり真面目なふりして乗りきっとんねん。そんな簡単な想像も気遣いも出来へんで何が役者やねん。偉そうに日本語でふんぞり返ってるんちゃうぞハゲが。す巻きにしたろか!

ほんでつらいやろ。日本語しゃべられへんのつらいやろ。そういうときはな。敗者の姿を見んねん。同じ国同士でずっとしゃべっとるやつや。まあ俺もブログ書いたり日本語の本読んだり逃げとるけどな。早い話、挫折したなったら海外来たらええと思たわ。あの偉そうな兄ちゃんも来たらええ。あのいけすかねえ秀才も来たらええ。あの人見知りのセンス野郎も来たらええ。自信家の人気者気取りも来たらええ。みんな来たらええ。みんな来たらええわ。

なんかけったいな体裁のブログなったけど、あかんのは肝心のワシもしょうみこの文章で何を伝えたかったんが分かってへんことや。悶々としとんねんけど、ピッタリな言葉が見つからへん。てかどうでもええけど大阪弁の強みって手数やな。やっぱ他の言葉と手数がちゃうわ。って誰や話そらすなアホタレ、ボケ!

分からん。みんなこっち見てる。なんか理解可能な言語を放つの待ってる。やめてや。次こいつなにしゃべんねやろみたいな期待のまなざしやめ。おもろいやつがつねおもろいわけちゃうし、元気なやつがつね元気なわけちゃうし、お前の好きなやつがつねお前の好きなやつってわけちゃうねんぞ。ほんなら言うで?言うで。右からやって来たやつ左へ受け流しちゃうで。

「表現の仕方が分からないのでこれで終わります」
【I cannot express my feeling so that's all.】



ハイ出た!

ほなまたな!ばいびー